カテゴリー: sci

  • ポン・ブルックス彗星

    3月14日に秩父方面にポン・ブルックス彗星を撮りに行き、撮ってはみたものの、現地の光害が予想外に強かったので、どうせろくに写っていないだろうと諦めて放置していた。 撮った画像を改めて確認したところ、1…

  • Newton別冊「科学名著図鑑 第2巻」

    一部執筆いたしました。よろしければご覧ください。 2022年6月に出た「科学名著図鑑」の第2弾。前回は古典や定番の本を多く取り上げたが、今回は近年の科学書から多くピックアップしている。SFや絵本・図鑑…

  • 年賀はがき、低緯度オーロラ

    引き出しの上にフルヘッヘンドしていた半年分くらいの本・書類・郵便物等を整理。いただいた年賀状の当籤番号をまだ見ていなかったが、改めて確認したところ、今年は残念ながら1枚も当たっていなかった。 未使用の…

  • 吉村作治氏

    4月29日のTBS「クレイジージャーニー」で吉村作治氏が大々的に取り上げられたせいか、以前に書いた河江肖剰さんの紹介記事がまたたくさんアクセスされている。 番組は TVer でまだ見られる。 「クフ王…

  • 「Newton」2024年6月号

    読み物記事「熱電変換の物理学」を執筆いたしました。さまざまな過程で環境に放出される廃熱から(小規模でいいから)電力を得ようという研究の紹介。 (どうでもいいが、Newtonのwebサイト、<me…

  • SLIM、3回目の越夜

    なかなか頑張っている。 少し不思議なのは、これまで2回の越夜では、夜が明けて昼を迎えて月面での夕方くらいの太陽高度になってようやく電源が入るという感じだったのに、今回はかなり太陽高度が高い段階で再起動…

  • 新緑

    新緑

    栗です。 IUT の話を書いたら、ふだんの5倍くらいのアクセスがあって、やはり今でも関心は高いらしい。特に米国・ドイツ・インド・英国・オーストラリアあたりの海外からアクセスが増えている。こないだ書いた…

  • 最近の IUT 界隈

    数学としてはどうやらハズレらしいと判断して以来、あまり追いかけていなかったが、朝日新聞にまた違和感のある意見記事が載っており、そういえば最近どうなってるんだろう、と思い出した。 IUT論文が恐れられて…

  • 「オッペンハイマー」

    4/6、@グランドシネマサンシャイン池袋。IMAX レーザーGT(謎)の方で観た。最上階なので見晴らしが素晴らしい。朝一の 08:20- の回にした。何しろ長いので、後の回にすると観劇後に何かする予定…

  • 未知の成分

    紅麹の健康被害の件、正体不明なのになんで「入ってる」ことだけは分かるんや、というところにハァ?と思う人も結構いる気がする。 化学物質の成分分析にはクロマトグラフィーというのをよく使う。調べたいものを溶…

  • 喘息が続いて体力を消耗した。あまり薬も効かない。ようやく小康状態に。いったん始まるとだいたい40日くらいは続くので、治まるのは来月中旬か。 3/14の仕事終わりに東秩父村まで遠征。ポン・ブルックス彗星…

  • 本日の花粉とロケット

    今日は先日よりも良い花粉光環が撮れた。三重のリングが写っている。やはり正午あたりに撮る方が太陽からの光量も多いのでよく写るのかもしれない。肉眼でも楽に見えた。 北寄りの強風が吹いたせいで部屋の湿度も2…

  • 「星ナビ」2024年4月号

    月着陸機「SLIM」の取材レポート第2弾を執筆いたしました。よろしければご覧ください。 SLIMは倒立して着陸してしまったために1/20の着陸直後は太陽電池が発電できず、いったん休眠。その後1/28に…

  • 咳鼻水

    また喘息が出たので病院へ。今回はきっかけがよく分からないが、まあ寝不足な日が続いたせいか。吸入薬の新しいのが出たということで、それを出してもらった。 昨日から鼻水も凄い。今までの人生で花粉症の症状はな…

  • 「Newton」2024年4月号

    にて、写真記事「太陽系の月図鑑」を執筆いたしました。よろしければご覧ください。 いろんな惑星の「衛星」の画像を集めた記事であります。太陽系探査のトレンドとして、惑星から始まって彗星・小惑星にターゲット…

  • H3成功

    めでたい。1回目の第2段燃焼停止から2個の超小型衛星分離、さらに地球を1周してからの2回目の第2段着火・燃焼停止からの試験ペイロード分離、第2段制御落下まで完全に成功。文句なし。 今回の打ち上げ中継で…

  • 「星ナビ」2024年3月号

    SLIMの月着陸成功について、会見の取材レポートを書きました。よろしければご覧ください。 時事ネタだと、原稿の〆切が迫りつつも状況が毎日変わることがあり、どこまで記事に反映するかで編集部の方々が苦労す…

  • 「Newton」2024年3月号

    読み物記事「シンメトリーの物理学」を執筆いたしました。よろしければご覧ください。 物理で対称性の話は重要だが、難しい。これまでの書き仕事で一番難しかったかも。対称性という言葉でカバーされる話題もすごく…

  • SLIM、起床

    SLIMの太陽電池に太陽光が当たって再起動できたとのことで、喜ばしい限り。「トイプードル」というのは岩石に付けたニックネームの一つ。 SLIMの着陸地点での、毎日0時JSTにおける太陽の位置は以下の図…

  • SLIM(再)、発熱

    1/25、久々に御茶ノ水へ。ソラシティにあるいつものJAXAの部屋が会見場所だと思っていたが、行ったら閉まっていて、警備員さんに聞いたら上の階にある広い会議スペースが会場だった。 会見の様子はYouT…

  • SLIM

    1/19は午前に病院、夜はJAXA相模原へ。夜通しの取材は身体に堪えた。 プレスセンターが22時開場だったため、21時頃淵野辺に着いてホテルに荷物を置き、大戸屋で晩飯。見覚えのある記者の方もいた。 駅…

  • 一番寒い日

    家に一番近いアメダス観測点の気温の平年値を見る。 https://www.data.jma.go.jp/stats/etrn/view/nml_amd_d.php?prec_no=43&blo…

  • 海岸段丘

    空撮の映像を見ると、能登半島地震で海岸が隆起して陸化した様子がよく分かる。 こうやって断続的に地震で隆起してできるのが海岸段丘(海成段丘)だという話を地理の授業で習うが、海岸段丘の新たな1段目ができる…

  • 「Newton」2024年2月号

    特集「もっと科学が好きになる 名著大図鑑」を一部執筆いたしました。絶賛発売中ですので、よろしければご覧ください。 自分が担当したのは「PART1 宇宙の法則がわかる名著」の8冊と「PART2 生命と地…

  • 地震

    カウントダウンから朝帰りして、疲れて昼過ぎから寝正月。携帯の緊急地震速報が鳴った。半分寝た頭で身体だけ起こしてみたが、揺れは特に感じなかったので再び寝る。その後もなんかいろいろ携帯が鳴っていた気がする…

  • 「星ナビ」2024年1月号

    年末恒例特集「星のゆく年くる年」で、2023年の天文学・宇宙開発のトピックを執筆いたしました。よろしければご覧ください。 https://www.astroarts.co.jp/hoshinavi/m…

  • 『星ナビ』2023年12月号

    忘れていましたが、11月4日発売の『星ナビ』最新号で、NASAの小惑星探査機「オシリス・レックス」のカプセル帰還・開封についての記事を書きました。よろしければご覧ください。 https://www.a…

  • タイガースとハレー彗星

    1985年の阪神優勝は今でも覚えている。西武沿線に住み、父も西武を応援していたのでうちはライオンズファンだった。しかしバース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発に象徴されるように、あの年のタイガースの…

  • 『オッペンハイマー』日本公開?

    『TENET』などで字幕の科学監修をされている東工大の山崎詩郎さんのツイート。 いよいよ日本でも公開か、という期待が膨らむ一方、「いやいや、配信や円盤化向けの作業でしょ(=映画館で公開されるとは限らん…

  • クマ

    日高市と入間市でも出没の報あり。狭山は広大な山林を背負っている地形ではないが、隣の市で出たとなると気になる。 日高市大字清流はいわゆる日和田山のあたり。 入間市仏子は加治丘陵に近いので、そこから移動し…