log

「TIME」のPerson of the Year

にテイラー・スウィフト。過去の選考では政治家や経営者、活動家などが多く、芸術分野からの選出は初とのこと。

MVもどれもいいが、テイラーのライブ音源やライブ映像は特に良い。ライブ行きたいなと思って2月のチケットを取ったのもこれらを見聞きしたのが理由だった。テイラーの何がそんなに凄いのか分からんというお前らに、俺のYouTubeミックスリストからピックアップして説明してやんよ。

なぜ “Archer” ではなく “The Archer” なのか不思議だったが、彼女はいて座生まれなのでそれに掛けているようだ。公私ともに打ちのめされ、いろんな人が離れていったり敵になったりした、という絶望の曲だが、曲の終わりに “Who could stay?”(誰がそばにいてくれるの?)のリフレインから “You could stay”(あなたはそばにいてくれるよね)に変わるところが、暗闇の中に救いの光が見えるかのような展開で素晴らしい。観客もここで大歓声。私たちはテイラーの味方だ、というSwiftieたちの意思を感じる。

飲んだ帰りにたぶんタクシーに男と二人で乗って、「私、コーネリア・ストリートに部屋を借りたの」と話すところから始まる曲。物語の時制が分かりづらいが、おそらく男との恋愛は始まったばかりで、なのに破局してしまうところまで想像して恐れている、みたいな曲らしい。”I’d never walk Cornelia Street again”((もしこの恋が終わってしまったら)コーネリア・ストリートを歩くことは二度とできないだろう) “I get mystified by how this city screams your name”(この街があなたの名を叫ぶことに戸惑ってる)という詞を絶叫するように歌うのがいい。テイラーがコーネリア・ストリートに住んでいたのは事実で、ファンが聖地巡礼しているらしい。

もし私が男だったら、今の地位までもっと早く来られたし、こんなにいろいろ言われないはずよね、という曲。MVではテイラー自身が特殊メイクで男装して、もてはやされる男の典型的なクソさを演じている。アコギでこの曲をやると、普通にギターをギターとして弾く以外に、ボディをぽこぽこ叩くプレイやベースっぽくコードを弾く奏法も見られて、弾き語りの技術の高さに感動する。

彼女 (Betty) がいる高校生男子 (James) が、年上の別の女に誘われてひと夏の浮気をしてしまったのを彼女に謝る曲。カントリーミュージック出身のテイラーの良さが演奏にも作曲にも表れている傑作。この曲が収録されているアルバム「Folklore」には、Bettyの視点の曲 (“Cardigan“) と年上女の視点の曲 (“august“) も入っていて、3曲の世界がつながっていることが詞から分かるようになっている。こういう仕掛けを思い付いて、それらが全部いい曲なのが凄い。

「あああ ああっあー」で有名なやつ。クソみたいな世間に泣かされる女性たちを励まし、奮い立たせる曲。あいつらがあたしに投げつけた煉瓦で城を建ててやるわ、という。”The Man” もそうだが、男女格差を描いた曲をテイラーは昔からいくつも作っていて、どんだけ不当な叩かれ方をしてきたんだよと思う。このへんも Person of the Year に選ばれた理由の一つであるのだろう。

詞の英語が分かりやすい曲。「彼を愛するのは新車のマセラティで行き止まりの道を走るようなもの 風より速く、罪深いほど情熱的で、突然終わりを迎える」。彼女の曲には車の描写が非常に多く出てくる。相当な車好きだと思われる。

フィル・コリンズのカヴァー。フィル本人がこの動画のコメント欄に激賞のコメントを残している。テイラーにはぜひカヴァーアルバムも出して欲しい。

コールドプレイのカヴァー。テイラー叩きの言説の一つに「歌が下手じゃん」というのがあったらしく、今のテイラーの歌唱力からは想像ができないが、13年前のこの動画を見ると、なるほどこういう感じだったのか、と分かる。初々しくて好きだけど。この頃から今に至るまで相当ボイトレをやったのだろう。初期のテイラーが使っていたこの “Taylor” の象眼入りのギターもいい。このTaylorは米国のギターメーカーの名前。

The 1975 のライブにサプライズ出演して弾き語りしたときの映像。この背の高さ! ヒールを履くとたぶん190cmを超えている。彼女は自分は背が高すぎて可愛くないと思っているようで、ここで披露した “Anti-Hero” でもまさにそんなことを歌っている。MVでも自分を巨人として描いている。テイラーは歌の切れ目でわざとマイクから顔を外してキメ顔を作る癖があって、この映像でもそれが見られる。

「男をとっかえひっかえしている」などと、実際の自分と全く違うことをゴシップ記事に書かれて傷付いたときに、「でもこういう記事に書かれてるキャラ(恋多き女)を曲にしたら面白くない?」と思い直して書いたのが “Blank Space” だ、という話を冒頭でしている。サビの部分にある “Got a long list of ex-lovers” の後半がなぜか “Starbucks lovers” に聞こえるのだが、”Blank Space Starbucks lovers” で検索するとたくさんヒットするので、向こうの人にもそう聞こえるらしい。

2019年にビルボードの Woman of the Decade を受賞したときのスピーチ。彼女が受けてきた不当な扱いがどういうものだったか、それらとどう闘ってきたかが分かる。15分以上あるスピーチだけど構成が完璧で、彼女の聡明さも伝わってくる。

ちょうど動画が13個になった。13はテイラーのラッキーナンバー

「星ナビ」2024年1月号

年末恒例特集「星のゆく年くる年」で、2023年の天文学・宇宙開発のトピックを執筆いたしました。よろしければご覧ください。

Starshipの打ち上げがちょうど原稿作成に重なり、結果をぎりぎり盛り込むことができた。

この時期のあるある。今年が西暦何年で来年が何年かが分からなくなる。

来年1月20日にJAXAの月着陸機「SLIM」の着陸があるので、まずはこれが2024年の大きな話題になりそう。

成功すればもちろん日本としては初、世界で5か国目(ソ米中印の次)になる。SLIMの新規性としては、「世界で初めて、着陸予定地点に100m精度で降りる」という目標がある。これまでの月着陸では、各国とも着陸楕円(landing ellipse)をだいたい数kmから十数kmの直径でしか設定していない。火星でも、NASAの「パーシビアランス」の着陸楕円は7.7×6.6kmで、着陸地点は楕円中心から1.7kmずれた。

これまではとにかく軟着陸の成功が最優先で、「どこに」降りたいということはあまり重視されてこなかった。しかしこれからの月探査では、「リモートセンシングで氷や洞穴がありそうだと分かっているここにピンポイントで降りたい」といった動機が生まれてくるはずなので、その技術をいち早く確立しましょうという狙い。地形を画像で捉えながらピンポイントで降りる技術は、はやぶさ/はやぶさ2ではすでにできているが、月は小型小惑星より重力がずっと強く、着陸機の周回速度も速いので、かなり難しくなる。

金勘定

溜まっていた帳簿付けを処理。買ったもの(仕入)の領収書をPDFでダウンロードして会計ソフトに添付して云々の作業が終わらない。これでもレシートを紙に貼ってどうこうしていた頃よりはだいぶ楽になった。

今月はこれから10月分の仕事のギャラが入金される。インボイス導入後の最初の入金なので、金額が合っているかの確認が面倒になりそう。インボイス、まじで受注側にも発注側にも何一つメリットがなく、デメリットだけがあり、心が温まる。

freee会計の帳票画面が大リニューアルされたが、まだ枯れていない印象。入金情報と取引データの消込をやった後も、請求書の一覧で入金ステータスが「入金済み」にならない。半日くらい放置してタイムアウトで自動ログアウトされた後、再ログインしたら「入金済み」になっていた。どうもbuggyである。

散髪

あの店はいつ行ってもワンオペのようだ。以前は他にも店員さんがいたのだが。理容師も人手不足なのかしら。いわゆる速切りのお店だが、1200円でカットのみ、1500円出すとシャンプーもしてくれる。顔剃りだけできない。

もう久しく床屋で顔剃りをしていない。ただ、顔剃りは角質のバリア機能維持という観点ではあんまりやらない方がいいのかもしれない。皮膚科に通うようになってからそのへんをいろいろ学んでいる。

治療によって顔と身体の痒みはかなり安定してきた。頭皮の痒みがまだある。悪化する要因はほぼ、徹夜仕事、それに伴う夜食(糖と油脂とカフェイン)の摂取、寝不足、〆切のストレスあたりであることが分かってきた。不規則な生活をやめればいいのだが、なかなかできない意志の弱さがある。

久々に池袋に出て買い出し。西武の三省堂書店は書籍館が2フロアに縮小されていた。かろうじてまだ理工書が置いてあるのが救い。隔年の年末恒例行事、『理科年表』を買う。毎年買い替えるほどではないが、2年に一度は買っている。今さら理科年表使うの? と思いきや、わりと仕事で使うことがある。「どこそこのwebサイトに載ってました」というより、「『理科年表』○○年版に載ってました」という方が出典の確かさという意味で裏付けにしやすい。あと、カップ麺の蓋を押さえるのに好適。枕にもなる。

午後の紅茶ハーモニーティー

子供の頃に医者から処方されていた咳止めシロップの匂いがする。

iPhoneのカメラのポートレートモードを初めて使ってみた。浅い被写界深度をエミュレーションできる。写って欲しくないものが後ろにあるときにこれは便利。

一緒にお仕事をさせていただいた方の訃報に接す。最後にやり取りをしたのはちょうど1年前で、その後療養に入った旨を聞いていた。SNS上で何となく状況は知っていたが。自分にもそういうことが起こりうる年代であることを改めて思う。どうぞ安らかに。

上部へスクロール